インバウンドでタイ人を集客! 事例多数で万全の用意 [PR]
ナムジャイブログ

2022年12月31日

大晦日のひと仕事

 気が付けば大晦日。22年の最終日です。大掃除は終わったのですが、どうしても事務所のドアの汚れが気になっていました。何とかしたい。大晦日にも関わらずまたもや仕事を自分で増やしてしまいました。DIYさんで紙やすりとスプレー缶を購入。




 なんと諸費用300バーツで事務所のドアが新品のようになりました。自己満足です。やってよかった。やっぱり思い立ったが吉日ですよね。
 そして夜はいつもの仕事に追われながらも賄いお節を仕込みます。嫁さんと息子はサコナコーンへ帰省中なので大晦日も元旦も一人です。全く寂しくない!とは言い切れませんが気軽に過ごせる「一人時間」も、まんざらではありません。普段から生活する時間帯は家族とずれているので慣れっこなんです。



 紅白なます、黒豆、たたきごぼう、田作り、肉シュウマイ、紅白蒲鉾、桜餅、数の子松前、肉団子、甘栗、イカ天、ホタテ串焼、手羽先、紅鮭塩焼、だし巻き、海老クリームコロッケ、昆布巻、海老うま煮、筑前煮

 一人で食べる「ボッチ飯」用にしては豪華すぎたかな? 一年に一度のことだから、これぐらいの贅沢は良しとしましょう。あぁ、うまい日本酒を買っとけばよかった。令和4年も本日まで。仕事上りが楽しみです。  


Posted by ジョニー at 19:14Comments(0)大将のタイ暮らし

2022年12月30日

盛り上がった忘年会



 一年に一度、全従業員が集まるイベントが忘年会です。2年前はコロナ禍の真っ最中で開催できず。去年は開催したもののアルコールの自粛ということで、なんか盛り上がらず。
 しかし、今年はやっと普段通りの忘年会を開催することができました。お酒も料理もテーブルに乗りきらないぐらい用意されています。良いですね。一年に一度ぐらいこうして大騒ぎする時間は大事です。
 昨年同様、藤岡先輩も飛び入り参加してくれました。人数が多い方が楽しいです。ようやく明るい兆しが見えてきた飲食業界。来年こそはコロナ禍以前までのレベルまで戻したいなぁ。みんな頼むぞ。元気があれば何でもできる~。  

Posted by ジョニー at 18:29Comments(0)大将のタイ暮らし

2022年12月29日

大晦日ランキング



 なんと大晦日ランキングなんてものがあるんですね。正確に書くと「大晦日を過ごすのに最適な10の場所」だそうです。CNN TRAVELさんが22年のランキングを発表しています。そのランキングにバンコクが入っているというからタイの観光庁は大喜びしているようです。
 ちなみにバンコク以外の他の9都市は、シドニー、台北、ドバイ、ケープタウン、ローマ、ロンドン、リオデジャネイロ、ニューヨーク、ラスベガスでした。どこもなんか楽しそうな都市ばかりです。
 残念のは日本の街が選外だったこと。ただ、日本の大晦日は厳かというかバカ騒ぎする日じゃなにので、逆に選ばれなかったことが栄誉だと思ったほうが良いのかもしれません。負け惜しみじゃないですよ。
 バンコクが選ばれた理由をCNN travelは、以下のように記しています。英語の直訳なので、ちょっと表現はぎこちないですが、やっぱり求められるのはエンターテイメント性なんですね。

 バンコクは、アジアで最もナイトライフが充実している都市として、しばしば上位にランクインしています。もちろん、人混み、明るい光、騒音、お祭り騒ぎが好きな人なら、新年を迎えるのにふさわしい場所です。
チャオプラヤー川沿いのショッピングとエンターテインメントの中心地、ICONSIAMで素晴らしい花火ショーを見ることができます。
バンコクで最も高い場所にあるSky Beach Bangkokや、賑やかな通りの上にあるSiroccoなど、バンコクの素晴らしいバーでお祝いを続けるのもよいでしょう。
 お祭り騒ぎが過ぎたら、1月1日は寝釈迦仏のあるワット・ポーなどの寺院で心を落ち着かせましょう。
  

Posted by ジョニー at 20:24Comments(0)大将のタイ暮らし

2022年12月28日

今年の糠納め



 日本は今日が仕事納めですね。成田空港では海外旅行へ出かける人のラッシュがはじまったそうです。明日から一気に年末ムード突入といったところでしょうか。
 ここバンコクは観光客が増え夜の歓楽街は賑わっています。でも日中の街中は閑散としていて動くには便利。なにより渋滞がないのがありがたいです。学校が休みになるだけで、街中の動きがこんなにも違うとは。

 とりあえず午前中でやるべき仕事を終えました。やっとの思いでしたが……。そしてせっかくなので夕方からは仕事納めならぬ、糠納めにサラブランさんへ行ってきました。今年の3月から通っている米糠酵素風呂です。米糠酵素の中に15分潜ってデトックスする癒しの時間。これを受けてから体調が良くなりました。下手なマッサージに行くより体が楽になります。ただ酵素風呂は暑くサウナのようで快適ではないですが。
 あぁ、これでなんとか良い年越しができそうです。来年も米糠酵素風呂で病気知らず。そうありたいなぁ~。  


Posted by ジョニー at 23:12Comments(0)大将のタイ暮らし

2022年12月27日

令和肆年師走弐拾漆日の巻

幕の内弁当B・370バーツ(1425円)
オレンジハウス・スクンビット39



 いやぁ~忙しい。超バタバタ。なにせ年末ですからね。やること、済ませなくてはいけないことが盛りだくさん。でも、こんな時だからこそ食事だけはしっかりととるようにしています。
 今日のお昼はバランスの良い幕の内弁当を頂きました。野菜もしっかり食べられるだけでなく、おかずも肉と魚が入っていて満足度高いです。なかでも甘辛い照り焼きソースが決め手の鶏つくねハンバーグが個人的には好きです。夜だったら最高の酒の肴になると思います。
 今年も残り4日。年末年始ももちろん仕事。やり抜くぞ!  


Posted by ジョニー at 15:48Comments(0)タイのご馳走

2022年12月26日

今年も一年ありがとう。その気持ちを込めて



 気が付けば今年も残り1週間。例年なら時間の流れが早く感じる師走ですが、今年は長く感じます。日本へ行ったのが3週間前のような気がしません。暇な時より忙しい時のほうが濃厚な時間を過ごす分、自分にとっては長く感じるのかな。とにかく今月は馬鹿みたいに忙しいけど充実した毎日が続いています。
 今日は従業員さんへの年末の心づけを用意しました。果たして今、何人従業員さんがいるのだろうと確認したら73人(チェンマイ店を除く)でした。一時期は100名を超えていたけど、まぁこのぐらいの数のほうが自分の器量に見合っているというか丁度良い感じです。ひとり一人の収益というか所得を上げるためにも数より質で行くほうがここタイでも主流になってくる実感がします。
 22年は後半から規制が世界規模で緩和され人の動きが活発になってきました。観光業界は景気に沸いていますが、飲食業界はやっと動き出したといった感じでしょうか。正念場は来年からだと思います。決して今年も好調とは言えなかったけど支えてくれた従業員さんには本当に感謝です。来年もよろしくお願いしますという気持ちを込めて今夜はギフトを手渡しします。  


Posted by ジョニー at 13:53Comments(0)大将のタイ暮らし

2022年12月25日

自分へのクリスマスプレゼント



 クリスマスイブにサンタクロースが枕元にプレゼントを置いていく。そんな、サンタ役を今年ぐらいまでは、やってあげようかなと思っていました。しかし、もう、そんな歳ではないだろう。なにせ10歳ですから。自分の好みもはっきりしてきています。親の勘で期待外れのプレゼントを置くのはちょっと可哀そうだなと思いサンタ役は引退することにしました。
 今年は自分の好きなものを買ってあげる。その戦略で行きます。但し1000バーツ(3850円)以下という条件付きですが。息子が向かったのは日本の中古品や新古品があるリサイクルショップ。そこで新古品のスポーツウェアーとサッカーシューズを買って今年のクリスマス・プレゼントとしました。物だけじゃなく色や柄まで自分の好みのものを選べたことが大満足だったようです。

 息子が商品を選んだいる間に目に留まったのがジャンク品のコーナー。がらくた扱いな分だけ価格はお安くなっています。でも保証はなしという博打的な商品です。そこで見つけたのが欲しかった日本の電子辞書。なんと120バーツ(460円)と180バーツ(690円)という破格値が付いています。もし使えなかったらと思うと躊躇するのですが、この値段だったらあきらめもつきます。2個買えばどちらかは使えるだろう。そんな打算もあり購入することに。
 事務所に戻り電池を入れたところ1個はごく普通に使えました。もう一個の充電式のものは充電するもエラーがでます。これはしくじったかな。そんな不安を抱えながらダメ元でリセットボタンを押すとなんと正常に充電され使うことができました。2個とも当たり商品です。いつまで持つかは中古だけに期待はできません。事務所と自宅に常備して使おうと思います。300バーツの電子辞書。これは思いがけない自分へのクリスマスプレゼントになりました。ジャンク品万歳!  

Posted by ジョニー at 18:03Comments(0)大将のタイ暮らし

2022年12月24日

2学期が終わる



 今年の2学期は長く感じました。昨年のような在宅学習もなく、また運動会や社会見学などの行事も規模が縮小になったものの開催されました。充実した学校生活を送れたと思います。
 10月以降は面倒だったコロナ関連の定期検査や入校時の検温などが廃止されました。逆に廃止されると物足りないというか不安になるものです。しかし、コロナ禍以前に戻っただけなんですがね。良くも悪くも長い3年間だったと思います。
 バンコクの日本人学校では通知表が「きぼう」と名付けられていて3段階評価になっています。小学生ですから3段階評価で十分です。我が家の息子の成績ですが「がんばろう」の最下位評価がなかったのは立派だと思います。いや、それ以上に病気で欠席することなく2学期を皆勤できたことが親としては嬉しいかなぁ。超昭和的な感覚かもしれませんが……。元気に学校に行く。それが一番なんです。  


Posted by ジョニー at 21:58Comments(0)大将のタイ暮らし

2022年12月23日

もうこれは道楽かな



 おっつ、これは良い食器だ。いきなり掘り出し物を見つけたものの、なんと在庫は4個限りでした。これじゃ、お店で使うには厳しいかなぁ。次回、もう一度チェックして再入荷したら買うか。それとも今買って在庫しておくか。ちょっと悩みどころですよね。
 チェンマイにある食器屋さんにはここ数年日本食店でも使えそうな食器がちょくちょく出回るようになりました。しかも窯元からの掘り出し物らしく価格は安いです。でも数が半端だったり在庫限りだったりするのが悩みどころなのです。ちなみにこの丼は60バーツ(230円)でした。
 取り皿や醤油皿など数が必要で傷みがちな食器はチェンマイ出張のついでにここのお店で買うことが多くなりました。上手に買えば日本から輸入する食器に比べてかなり仕入れ価格を抑えることができます。
 チェンマイ出張のちょっとした空き時間に覗く食器屋さん。たまに良い食器に出会えた時のなんとも言えない興奮が味わいたくて今回も行ってしまいした。これは仕事というより、もう趣味? 道楽かもしれません。  

Posted by ジョニー at 18:03Comments(0)大将のタイ暮らし

2022年12月22日

遅延する飛行機にごった返す人



 時間というかスケジュールをなんとか調整して向かうことができたチェンマイ出張。今年最後のチェンマイ出張です。普段なら昼間か夕方の便に乗ることが多いのですが、ほぼ満席で予約を入れることができません。席が空いていても馬鹿高い値段だったりします。 
 なんとか往復で5千バーツ以下に収めようと思うと夜の便になります。今回は19時50分のベトジェット便でした。この時間帯になると昼間の遅延の幅寄せでディレーになるのがもう当たり前の感じです。今回はディレー以上にエプロンを離れてから離陸までの待機時間がかなり長かったです。空港の離着が混雑してたからだと思います。バンコク国際空港ではよくあることです。
 チェンマイに着いたのは1時間半以上遅れての午後10時過ぎでした。この時間でも空港のタクシー乗り場はタクシーを待つ人でごった返しています。凄い人です。疲れるけどこの活気が戻ってきたのは本当にうれしいですね。やっとチェンマイらしくなってきました。



 *タクシーの順番は15組待ちで20分ほど待ちました。運転手さんたち忙しそうです。でも笑顔。あのコロナのころの閑散とした空港を知っている人間にとっては本当に別世界のようです。  

Posted by ジョニー at 21:18Comments(0)大将のタイ暮らし
Information

タイのブログサイト「ナムジャイブログ」でブログを作る! タイのブログサイト「ナムジャイブログ」にログインする!

初めてのタイへの旅の不安を解決
タイに初めて旅行に行く人必見!
海外進出を手厚くサポートします
海外進出を手厚くサポートします
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ジョニー
ジョニー